エムズ(American Freak M′s)ではフラッドヘッド・バズリクソンズ・シュガーケーンや、トロフィークロージングなど、熱くてかっこいいこだわりのアメカジブランドをセレクト。

  • ●WESTRIDE(ウエストライド)
    バイカー目線で作られたウェア。バイクに乗る機能はもちろん、街で着てもかっこいい感じの商品づくり。適正な価格設定で嬉しいところだが、実際に手に取ると値段以上に「いいもの」を感じる。
    ●The WESTRIDE(ウエストライド))
  • ●TROPHY CLOTHING(トロフィークロージング)
    トロフィークロージングのデニムは細部のディテールに必ず惚れてしまう、まさに今を代表するヴィンテージ・ワークウェア。クラシックな雰囲気とシャープな印象、それに相当な実用性が加わったところは流石。色落ちやシワがどう付いていくのか、毎回楽しみになる。設立当初工房のみで数少なく作られてきた質への徹底的なこだわりと妥協のない作りを、今もそのままに見せてくれる貴重な存在。古き良き時代のアメリカンモーターサイクルを愛する人達への熱いメッセージが、トロフィークロージングのウェアには込められている。
    ●TROPHY CLOTHING(トロフィークロージング)
  • ●IRON HEART(アイアンハート)
    バイカーから圧倒的な支持をうけるアイアンハート。最近ではいろんなブランドからヘビーオンスデニムが発売されているが、デニム地の防風加工や、ただヘビーオンスにする目的ではなく、バイクに乗る時のさまざまな条件や履き心地・耐久性など、いろんな事を想定していきついたのが21ozだと言うこだわりは他にない。
    ●IRON HEART(アイアンハート)
  • ●BLUCO(ブルコ)
    「100% GENUINE WORK GARMENT」を掲げ、ファッションブランドとは一線を引いたシンプルで日本人の体型に有ったワークウェアを展開している。
    欧米のワークブランドには無い細かな部分に気を利かせ、作業性に配慮したスタンダードなラインを展開。
    決してワークテイストでは無くリアルワークウェアに拘った、生地選び、縫製、プライスがデイリーウェアとしてハードな使用を余儀なくされるバイカーやスケーター達に愛用されている。
    ●BLUCO(ブルコ)
  • ●UNCROWD(アンクラウド)
    日本人の骨格に合うバイカーシェードを作成したのが始まりで、現在日本のバイカーシェードブランドとして確立されている。
    太陽光に反応して色の変化のする調光レンズモデルは、1日を通し同じシェードでライド出来る便利さを理由に人気を博している。
    主に日本製の高品質、高機能なモーターサイクルギアをリリース。
    ミリタリーアイテム、ダウン、グローブ、バッグ等、国内外の専門工場にてサンプルの段階からライディングテストを繰り返し、納得のライドギアをリリースしている。
    ●UNCROWD(アンクラウド)
  • ●EVILACT(イーブルアクト)
    タイトルでもある FURTHER EVOLVING THE OLD DESIGN のとおり古きデザインの進化を思わせる EYEWEAR をプロダクト。
    バイカーへ向けた機能やデザインに重点をおきながら EYEWEAR を通じ様々なカルチャーの架け橋となるだろう。
    ●EVILACT(イーブルアクト)
  • ●SugarCane(シュガーケーン)
    デニムならSUGAR CANE。衣料メーカーとして歴史在るSUGAR CANEのワークウェアは、日本で作られている他のものとはやはり違う。ワーカーに愛された素材と縫製、その確かな物作りには、本場アメリカンスタイルのノウハウとスピリットが詰め込まれている。
    ●SugarCane(シュガーケーン)
  • ●Buzz Rickson's(バズリクソンズ)
    フライトジャケット・タンカースといえばバズリクソンズ。徹底的な時代考証に基づいたアイテムは、単に当時の飛行服を再現するだけでなく、時代と共に移り行く軍の任務環境にともなった進化や変化まで含めた調査・研究がされたもので、関連商品を含め非常にスペックが高い。
    ●Buzz Rickson's(バズリクソンズ)
  • ●WHITES VILLE(ホワイツビル)
    東洋エンタープライズが復活させたアメカジブランド「ホワイツビル」。1950年代当時の伝統ある技術を継承しており本物志向が強い。スタジャンでよく知られるが、シンプルなデザインのパーカーやTシャツは素材・パーツ、作りがしっかりしておりファンも多い。
    ●WHITES VILLE(ホワイツビル)
  • ●TAYLOR(テーラー)東洋
    フロント・リア・サイドに施されたド迫力の刺繍。鷲・虎・龍・般若…etc。緻密で極彩色な表現が印象的。戦後まもない頃の駐留米軍が感じたジャパンがそこにある。西洋と東洋が絶妙に混ざり合ってる独特なヴィンテージ感に支持者が多いのも納得。
    ●TAYLOR(テーラー)東洋
  • ●The Flat Head(フラットヘッド)
    いわずと知れたアメリカンカジュアルのスタンダードともいえるフラットヘッド。スタイル、素材、こまかいパーツに至るまでしびれるくらいの高いクオリティをキープしたヴィンテージを越えた、新世代のアメカジブランド。
    ●The Flat Head(フラットヘッド)
  • ●LONE WOLF(ロンウルフ)
    重厚なデザインとゴツい革の質感がアメカジファンの心の真ん中を貫く、これぞまさにザ・ワークブーツ&ザ・ソール。始めは革の固さを感じるものの履きこむとどんどんしなやかになってくる。職人の丁寧な手作業でしかできない作り込み。一生モノの一品。
    ●LONE WOLF(ロンウルフ)

アメリカンカジュアル・アメカジ洋服に関するお問い合わせは0725-33-5050まで

お問合せご注文はお電話またはメールでも承ります!!ご連絡お待ちしております。

E-mail:1969@americanfreak-ms.com


アメリカンカジュアル・アメカジブランド洋服なら大阪府和泉市のアメリカンフリーク エムズ(M′s)まで!

American Freak M′s(エムズ)では、ウエストライドやトロフィークロージングなど、作りに定評のあるアメカジブランドの中から、オーナー自身が一切の妥協なく惚れ込んだものをセレクト。生地感や縫製などの細部まで追求されたクオリティ、シルエットのよさ、ずば抜けた耐久性などなど、アメカジ本来の王道を突き進むタフで味のある本格アイテムを揃えています。
当店は店頭販売を重視しています。商品が持っている良さを直接お伝えしたいからですが、サイズの表記だけで選んで見てもシルエットが思った感じではないことは結構あります。実際に着て鏡を見ないとわからないことがあります。やはり店頭でじっくりと確かめていただくのが一番です。
大阪の、大阪以外のファッションとしてアメカジ好きの方やアメカジ好きのバイカーさんも、アメカジがよくわからない、これからと思っている方も、ぜひご来店ください。触った感触、着心地、縫製、サイズなど、写真では伝えられない本物の良さがあります。実際に見て、手にとった時のフィーリングを充分に感じて、そして納得できるものを着て頂きたいと思っています。